スクープ!フィリピン留学とタイ料理と海外就職 異色の英語学校「Quooll(クオール)」

コスパぶっちぎりの格安フィリピン留学。マンツーマン授業とその留学費用の安さから最近はポピュラーになってきたが、初めて留学を考える人には色々と不安を抱える人も多い。例えば食事。日本人シェフのいる英語学校日本食レストラン併設の英語学校で無い限り、又は厳格な調理マネジメントを敷かない限りフィリピン人のオリジナリティ溢れる味調整は、三食いただくには限界がある。

また、フィリピン留学をかつて経験し、東南アジアの生活が好きになり、将来の海外就職の足掛かりとして、フィリピン留学にリピーターとして戻ってくる人もいるだろう。最近は海外就職コンサルを売りにした英語学校も多いが、そのオーナーのほとんどは海外での経験は無く、タイやインドネシア、ベトナム等の人材会社とコネを持っているだけに過ぎない。

また、海外就職に伴い、ビジネス英語も高めていきたいところ、ただ単に、ビジネス英語のテキストをなぞるだけの授業を行っている学校も多い。確かに、英文メールの書き方、英語の電話の掛け方、英語でのあいさつの仕方など、基本的なことは抑えるにこしたことはない。ただ、海外就職希望者が最終的に求めているのは、海外就職後、英語で商談やディスカッションできる能力や現地の求人情報最前線なのである。

そんな中、メトロマニラ、ケソンシティ界隈に、それらのニーズを満たす、一癖も二癖もある尖った格安英語学校が誕生しそうだ。

フィリピン留学「Quooll」概要

ホームページによると、フィリピン大学から5キロ北上したところに校舎があるということなので、格安フィリピン留学で知られるEnglish Breakthroughの近くであると予想される。ケソンシティのコモンウェルス通りは、Edhen miles(閉鎖)ACERS School(閉鎖)C21があり、また、フィリピン大学、アテネオ大学も近いため英語を勉強する環境に向いているのかも知れない。

参考記事:デラサールとUPの対決はいかに!フィリピンの大学ランキング ベスト50 2015年版

フィリピン留学「Quooll」のオーナーについて

タイへ語学留学し、タイ語の読み書きまで習得後に現地で就職。通算で10年以上タイで生活していたツワモノ。フィリピン留学も幾度か繰り返した複数言語習得者。豊富な海外就職経験とビジネスの場で英語を使った経験もある。

圧巻は、その公式ブログ。アメブロの元上位ブロガーだったらしく、ブログ開始日付は2017年10月24日にもかかわらず、ブログランキングの上位が定位置になっている。

オーナーが経験した海外就職の失敗と成功

オーナーの知り合いで、フィリピン留学後にタイで就活していた男性。現地の人材紹介会社に複数登録をするものの、日系の人材紹介会社にありがちな放置状態が続く。時間とお金だけが浪費されていく。これが日本であれば、窮屈ながらも実家の手伝いをしながら、ハローワークに通い、のんびりと職を探せば良いのだが、海外での就職活動は、期間が長引けば長引くほど、ストレスが溜まり、志半ばに日本へ帰国する者も少なくない。

当該、職がなかなか決まらなかった彼。やむなく現地無料求人誌に載っていた待遇のすこぶる悪い企業に就職。物価の安い国でストレスに振り回されることない生活を夢見ていた当初の目論見は崩れ去っているところであった。

タイのブラック企業に勤めて3年。偶然街中でオーナーと再会。身の上を案じたオーナーは、親しくしている人材会社2社に連絡し、その男性に職を紹介してくれと頼み込んだ。結果、その男性は日系大手企業に転職し、待遇も倍増、今は運転手付きの身分で、夢にまで描いていた海外就職生活を満喫しているという。

海外就職の光と影 – Quoollブログ

このように、オーナーの知り合いの男性は、現地の人材会社をあまり知らなかったために、人生をあやうく棒にふるところであった。タイのように人材会社が乱立している国においてはこういった情報格差が後の給与格差を生むのである。

また、オーナーはそのほかにも海外就職に関して様々な経験をしており、その一部は記事にもなっているので一度目を通しておいてほしい。ちなみにフィリピン留学から海外就職の鉄則はシリーズ化されている。

フィリピン留学中は食事がおいしい可能性大

オーナーの料理好きはブログを見ると一目瞭然。ここではいくつかのメニューを紹介しよう。

巷で人気のガパオライスはもちろんのこと、

ヤムカイダーオ。カイダーオ(多めの油で揚げるように作った目玉焼き)とヤム(辛酸っぱいサラダ)を混ぜ混ぜしたもの。

ヤムウンセン。ヤム(和える:サラダ)とウンセン(春雨)の料理。

なぜかバインミー(ベトナム風サンドイッチ)も。

カノムジーン。発酵米粉麺にもやしや香草、高菜漬け、バナナのつぼみなどをのせ、ソース(ナームンニャオ、ナームプリック、ナームヤー、ゲーンタイプラー)をかけてミックスして食べる。

これらメニューを英語を学びながら食べることができるのは大きい。フィリピンでもタイ料理店は増えてきたが(過去記事:もうタイ料理店なんて食べないなんて言わないよ絶対。)、値段も高く味もフィリピンの味付けなので、オーナー直伝のタイ料理に対する期待は高い。

その他にも、チキンなんばん、サバの味噌煮、びっくりドンキー風チーズハンバーグなどなど、日本と遜色のない食生活をフィリピン留学中も享受できるであろう。

幾多のフィリピン留学を経験したからこそのこだわり

ホームページ中の記事のとおり、オーナーは度々フィリピン留学を経験し、そのクオリティの低さにあきれ返っている。それらを反面教師として、良い学校を作ろうと昨年から準備し、記事(【速報】キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!いよい…)によると2018年1月後半にオープンできそうな感じである。オープニングキャンペーンも予定していることなので、もし興味のあるかたは、随時ブログやTwitterフェイスブックをチェックしてもらいたい。

スポンサーリンク
応援する

その他フィリピン情報、フィリピン留学情報最新版をチェック!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] ⇒スクープ!フィリピン留学とタイ料理と海外就職 異色の英語学校「Quooll(クオール)」 […]

  2. […] スクープ!フィリピン留学とタイ料理と海外就職 異色の英語学校「Quooll(クオール)」 […]