深センのダントツおすすめ観光スポット!メジャーどころからマイナーどころまでを地図つきで紹介。

来週のお盆休みを前にちゃくちゃくと旅行計画を練っている高木です。

今日は、旅行計画を練っている中、せっかくネットで調べているのだから、ついでにブログに載せちゃおうというセコイ戦法です。

フィリピンには全く関係ないので、当ブログのコアなファンのかたには申し訳ないです(いるのかいな?)。

深センへの思い

2012年ごろに香港に行った時は、たとえ近いといえど、深センなんてダサいと思っていて、時間があるにもかかわらず行くことをしませんでした。

それがあれよあれよと言う間に、アジア随一の成長都市、電脳都市となって有名になってきたのはここ2、3年の話でしょうか。今、思えば、あの時にちょっとでも行っておけばよかったなと少しだけ後悔しています。

ただ、後悔してもしょうがないので、思い立ったが吉日、当初はカンボジアに行く予定でしたが、航空チケットの安さに急遽行き先を変更。5日前で21,000円(往復)でした。航空会社はセブパシフィックです。

深セン観光

冒頭でも触れましたが、深センは現在アジアでも有数のシリコンバレーと化しています。アジアどころか最近は、ソフトウェアのシリコンバレー、ハードウェアの深センと揶揄されているほどです。

なので、やはりメインの観光はそういった電脳系のスポットに焦点があたるのは必然的です(私だけ?)。

以下でも紹介しますが、やはり深センの秋葉原「華強北」をはじめ、テンセントの本社には間違いなく行くと思います。

また、ショッピングモール研究家としては、その他のローカルなショッピングモールにも足を運ぼうと思います。

フィリピンのショッピングモールの売り場面積を大公開。SMモールオブアジアをおさえた世界第4位のあのモールとは?行き方も掲載

華強北エリア

華強北の読み方はふぁーちゃんぺいと発音します。秋葉原の30倍。マニラのグリーンヒルズの100倍、ギルモアの1000倍(適当)。世界最大の電気街と言われています。

秋葉原関連記事

グリーンヒルズ・ギルモア関連記事

秋葉原でさえ回るのに半日かかりますので、さくっと計算してもすべてを網羅するのに2週間かかることになります。

テンセントの新本社ビル

WeChat(微信)というアプリの運用元の「テンセント」の本社ビルです。時価総額は約50兆円でトヨタの2倍以上の規模を有しています。

MUJIホテル

良品計画が中国に出店している2つのMUJIホテルのうちの一つが深センにあります。宿泊料金はかなり張りますが、一度は泊まる価値はあると思います。

すこし中心地から離れたところにあり、タクシー以外ですと行くのに苦労するかもしれませんのであらかじめ経路は調べておきましょう。最寄駅は地下鉄4号線の「蓮花北」か、3号線の「蓮花村」になります。

タクシーの場合は、MUJIホテルが入っている深業上城(UpperHills)というショッピングモールの名前を告げると一発です。

ホテルまで行くのに汗だくになった一部始終はこちらの記事。

無印良品系列のMUJI HOTEL。日用雑貨販売と宿泊施設のコラボ。チェックインの際の落とし穴。

ミンスクワールド

ロシアの退役航空母艦ミンスクを利用した博物館です。ちょっと市街地から遠いですね。

ミンスク・ワールド – ウィキペディア

中国民俗文化村

中国をテーマにしたミニチュアパーク。同じようなテーマパークに「中国民族文化村」や「世界の窓」があります。

羅湖商業城

香港と中国を結ぶ羅湖の近くに大きなショッピングモールがあります。ここは、国境を越えるのか超えないのか微妙なところ。

  • 名称:羅湖商業城
  • 住所:Guangdong, Shenzhen, Luohu, 广场路25号
  • 公式・関連サイトURL:http://www.lowucity.com/

海上世界

深センの有名なおしゃれスポット。神戸ポートアイランドのような港町に実際の船が横付け。その船上でいろいろと楽しめるのがウリです。

深セン万象天地

クリックで百度へ

シャオミ(小米科技)の旗艦店があるショッピングモール。

その他深セン関連記事

深センでホテル・ゲストハウスに泊まるならこちらの記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス