マニラ・オルティガス唯一のゴルフ打ちっぱなし「シティゴルフドライビングレンジ」と日本のテレビ、そして締めのラーメン

最近はめっきりゴルフ打ちっぱなし記事が増えていますが未だにゴルフクラブを持っていないので、コースに出るのはまだまだ先のTKGです。

さて、今日はそのドライビングレンジの記事。マニラのオルティガスにあるシティゴルフドライビングレンジを紹介します。

↓↓一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 東南アジア情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

シティゴルフドライビングレンジの概要

地図と行き方

シティゴルフドライビングレンジはちょうどエドサとC5の中間あたりにあります。C5から直接左折できるかは定かではありませんが、なにせ渋滞がひどいので行く際は時間をよく考えて行ってください。

帰宅ラッシュは特に酷いので、会社帰りに社用車に乗って一発というのは厳しいかもしれません。

料金

以前も紹介しましたが、1バケットが2015年9月1日より90ペソ。プロモで4バケット購入すると1バケットついてきますが、2階でのアイアン打ちっぱなしのみ。

あとバケット購入は最低2バケットからとなっています。

また、クラブのレンタルが安いです。アイアン1本50ペソでした。

また、2015年9月1日より無制限打ちっぱなしが1時間半で500ペソとなっています。

営業時間

2017年5月15日から営業時間は下記のとおりになりました。

  • 月曜~水曜:午前6時~午後8時半
  • 木曜~日曜:午前6時~午後7時半

シティゴルフドライビングレンジの様子

この日は2階に通されて打ちました。玉を置くところも芝生になっていて打ちやすかったです。

ちなみにティーガールはつける必要がありませんでした。

2階にはゴルフ関連の店が沢山ありました。あと等間隔で扇風機がついているのはかなりのプラスポイントですね。

アプローチ用のグリーンが無いのが寂しいですが、初心者の私にはそれは必要ではありませんでした。

シティゴルフドライビングレンジの周辺

シティゴルフドライビングレンジの前にはいくつかの飲食店が並びます。汗を流したあとに一杯いくのも乙な楽しみ方です。

ラーメン屋「みそはっぴー」

ローカルな飲み屋だけかと思いきや、もろにひらがなで書かれた「みそはっぴー」という怪しげな日本料理レストランを発見しました。

メニュー

ラーメン

  • 塩:190ペソ
  • 黒にんにく:195ペソ
  • 味噌コーン:245ペソ
  • 担々麺:265ペソ
  • チーズ:320ペソ

サイドメニュー

  • 餃子:100ペソ
  • チャーシュー:100ペソ
  • 替え玉:65ペソ
  • 味卵:40ペソ

飲みもの

  • ソーダ:60ペソ
  • ボトル水:35ペソ
  • 札幌:140ペソ

メニューはいたってシンプル。これだけ潔いと迷わずに済みます。また、見栄を張ってたくさんのメニューを作り、いざ注文すると品切れと言われるよりかはだいぶましです。

他店も見習うところがあるでしょう。

店内液晶で流れてきたもの

店内はカウンター席しか無いのですが、そのカウンターに座ると目の前に液晶ディスプレイがあります。

私が店に入った時に家族連れの先客がいたのですが、液晶はオンになっておらず、店員さんが気を使ったのか、私の注文のあとに液晶をオンにしてくれました。

普通にフィリピンのTV番組が流れると思ったのですが、なんと流れてきたのは日本のテレビでした。しかもダウンタウンやフジモンなどの吉本のお笑い。

なんとなくガキの使いのような感じはしますが、まさかこのオルティガスへ来て、ラーメン屋でこの映像を観るとは思いもしませんでした。

しかも番組はそのお笑い番組だけでなく、いたずら企画ものや、

志村けんのコント動画、田代まさしがでているので、昔のだいじょうぶだぁでしょう。ドアがいろいろと変化する動画です。ユーチューブで度々見かけますので、ダウンロードしたものでしょう。

日本のさけるグミのCMのようなものも流れていました。タイムリーではみたことのないコマーシャルです。

黒にんにくラーメンを注文

注文したのは黒にんにくラーメンですが、ちょっとした大惨事になっていました。

写真ではわかりにくいですが、麺がほぐれていませんでした。お箸ひとすくいで麺が全部すくえるほどです。

よく見ると麺と麺がくっついています。麺の量も普通のラーメン店に比べて7割くらいの少なさです。

チャーシューという名のサムギョプサル。

とはいえ、運動したあとなので物足りず替え玉を注文しました。

第一投目の二の舞にならぬよう、器のなかで予め混ぜ合わせます。

つけ麺のような食べ方をしましたが、スープがちょっと薄いのでいまいちでした。結局お腹を膨らませるために食べたようなものでした。

黒にんにくラーメン195ペソと替え玉65ペソで260ペソ。

店内のようす

店内は奥に細長い造り。奥に厨房があり、替え玉を注文しようと男性店員に尋ねると、言葉が通じないようで女性店員を呼んでいました。中国人だったのでしょうか?それとも日本人?

カウンターだけかと思いましたが店の裏にこんな良さげなスペースが。店員に聞くと「そこは別の店用だからだめだけど、あなたが座りたいならどうぞ」と言われました。どっちなのか見当がつきません。フィリピンあるあるの責任回避回答です(笑)。

ちなみに建物は2階もありますが、開いている店は少なくダークサイド状態です。

最後にちょっとしたプチ情報ですが、エドサ側から歩きで来る場合は、車用の道路より一つ手前の勝手口のようなとこから入場が可能です。

また、トイレは通常ペイCRなのでお金を払わなければいけませんが、この勝手口側から行くと、料金係がいません。