ロビンソンズマグノリアで日本食レストランを探してみたところ意外な結果に。

ロビンソンズマグノリア(Robinsons Magnolia)。ゴコンウェイ系デベロッパーのロビンソンズ・ランドが2012年8月にオープンした店舗面積は10万8,000平方メートル(うち賃貸面積は4万2,000平方メートル)の大型商業施設だ。

日本人に関しては、マラテにあるロビンソンズプレイスで事足りるのでこのケソン市のロビンソンズは近くにあるクバオと並びいわゆるローカル観光名所(観光価値は無いが現地の人にとっては有難い施設)だ。

今日の記事は、もし、そんなローカル観光名所に迷い込んだ人のため、又はギルモア(Gilmore)が徒歩5分圏内なので、パソコンショップへ行った帰りにフラッと立ち寄りたい人のための記事だ。

ロビンソンマグノリアの場所

クリックでグーグルマップへ

ギルモアが近く、南の方角にグリーンヒルズ、東にはクバオが見える。電車でいうとLRT下車徒歩10分、Aurora通り沿いなのでジープニーも通っている。

ロビンソンマグノリアの店内

みよ、この豪華なエントランス。心なしかメガモールのエントランスに似ている。

エントランス後のロビー。やはりメガモールによく似ている。テナントは、当たり障りない、平凡なラインナップ。少しでも他店と違うテナントがあれば行く価値もあるというものだが。。。

テナントラインナップには期待せず、何か目新しいものは無いかと散策。するとエントランスの反対側に屋内庭園を発見した!そこには小さいながらも路面電車も走っており、休日に家族とゆっくりすごすには良い場所かと思った。

安心の両替やCZARINAもあり。

参考記事:

【穴場】フィリピン留学で両替に困ったらここへ 銃社会が織り成す両替時に増えたもう1つのチェックポイントをくぐり抜けた厳選の両替所

ロビンソンズマグノリア内日本食レストラン

目新しいスポット探しもほどほどに、おなかも空いてきたので、できればいつものとおり日本食レストランをレポートしようと、ラーメンかその他日本食が食せる店を探した。

天下一品が経営しているという噂(真意は謎)の101ビュッフェ。他のエリアの店は連日満員だが、ここは比較的空いていた。まだまだ認知されていないので、もしいきたい場合はこのロビンソンズマグノリア店に来ると良いだろう。

AKIRAという日本食レストランを発見。ウエイトレスの超タイトミニスカートが印象的。

  • 和牛ラーメン:378ペソ
  • 豚角煮リブラーメン:378ペソ
  • チャーシューラーメン:328ペソ
  • とんこつラーメン:288ペソ
  • シーフードラーメン:408ペソ
  • ライス:88ペソ

ライスの88ペソを見た時点で気力を削がれてしまった。食すならとんこつラーメンだったが、この時はその金額を見るまでもなく店を後にしてしまった。

日系カフェチェーンのUCCコーヒー。

ラーメン凪がここでも幅を効かせていた。つけ麺400ペソ、とんこつラーメン440ペソ。

この一角はUCC、ラーメン凪、JIPANGと日本食店が密集していた。

ロビンソンズマグノリア内のフードコート

日本食レストランAKIRA、ラーメン凪とも、その日の財布にはマッチしなかったので、再度別のレストランを散策。こういったモールには必ずフードコートがあるのがセオリー。しかし、探せど探せどフードコートは見つからなかった。

なかなかフードコートが見つからなかったので、近くの警備員に聞いたところフードコートは地下を通って行くという情報を手に入れた。なるほど、それは見つからないわけだ。ちなみに意外にもマクドナルドは無いという情報も入手した。

ここが地下から行くフードコートの入り口。

フードコートにはその他さまざまなテナントが入っていた。これは高級医療サービスチェーンのメディカルシティ。

88ペソショップのダイソー。ロビンソンが親会社なので当然の帰結。

フードコート内は、意外に広い。ただ、ゴールデンタイムでも空席アリ。

ペッパーランチは大盛況。

この日は、Adobo Connectionという店のライスお代わり自由にひかれ、注文。

ライスお代わり自由のメニューは、ニンニクチキンポーク、スパイシービーフ、豚肉、魚と豆腐。ハーフサイズは109ペソ、レギュラーサイズは159ペソ。レギュラーサイズを注文したが、そのボリュームにはあまり期待しなかった。

7分待ったが、出てきたものを見てビックリ。なかなかのボリューム。

揚げ春巻きもパクチーの香りがほのかに香り、美味しかった。魚と豆腐も味付けがしっかりしており、ご飯3杯はいけたが、安全のため2杯に留めておいた。

追加ライスも小奇麗なプレートに乗ってくる。

スポンサーリンク
応援する

その他フィリピン情報、フィリピン留学情報最新版をチェック!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする