マニラ留学を5万円で実現する裏技。しかもネイティブとの英会話付き。

大学の夏休みにフィリピン留学したい。大学を休学して世界一周する前にフィリピン留学したい。でも金が無い。そんな貧乏大学生のために格安マニラ留学を50,000円代で、しかもネイティブとの英会話付きのプランを用意してみた。

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

格安マニラ留学の宿舎はステイマラテホステル

まず格安マニラ留学では語学学校が用意する宿舎には宿泊しない。なぜなら高くつくからだ。前に紹介したマニラのマラテエリアにあるステイマラテホステルだと1ヶ月の長期滞在で一泊300ペソになるディスカウントがある。

したがって、4週間宿泊すると17,640円(8400ペソ)になる計算だ。

格安フィリピン留学用の1泊200ペソ代の宿泊施設をマニラで発見

※ステイマラテホステルはステイマラテホステルから名称変更しました(2018/8/27更新)

格安マニラ留学の教室はWEXCEL

格安マニラ留学のマンツーマンレッスンを行う教室はステイマラテホステルの近くにある日系語学学校のWEXCEL。4週間2時間のマンツーマンレッスンを受けるとすると下記のような料金体系になる。

  • 月会費:6,300円
  • 留学費用(1日2時間×20日):500ペソ×20日=21,000円(10,000ペソ)
  • 合計:27,300円

Wexcel Language Academy(マニラ)

格安フィリピン留学の食事

これは、人それぞれだと思うが、ローカルな食堂でステイマラテホステルやWEXCEL近辺だとだいたい一食110~170円。ステイマラテホステルの目の前にも格安ラーメン店があるので夜はそこで食べても良いし、ステイマラテホステルの中のテラスで食べても良い。

朝食はパンとコーヒーだけという人は、パンが1個10~50円、缶コーヒーが70円ほど。コーヒーは、インスタントコーヒーと砂糖をコンビニで買って、ゲストハウス内で入れたほうが安上がりだ。

なので1食100円と仮定して、3食4週間だとすると合計8,400円となる。

マラテの格安ラーメンがある屋外型レストラン「Erra’s VEST RAMEN In Town」

格安フィリピン留学ワンダーXプランの留学費用

そういうことなので、合計の留学費用は53,340円となる。これはただ単に宿泊費と授業料、食費を合計したものであるが、既存の語学学校の料金プランも基本的にその3つを足しただけなので、この53,340円を既存校と比べてもらうといかに安いかがわかるだろう。

おそらく、格安フィリピン留学業界の中ではナンバーワンの安さであると自負する。

ちなみに宿舎が旧ワンダラーズゲストハウス、教室がWEXCELということで、両者の名前を足して2で割って、ワンダーXプランと名付けた。

格安マニラ留学ワンダーXプランの1日の流れ

さて具体的にワンダーXプランの1日の流れを追っていこうと思う。

7時起床

顔を洗ったり、歯を磨き、近所のコンビニやサリサリストアで朝食を買う。テラスで、その日の予習や前回の復習を優雅に行う。

9時登校

クリックでグーグルマップへ

WEXCELまでは徒歩、ジープニー、バス、FX、電車、さまざまな行き方がある。地図上の赤い線はジープニー。ハリソンプラザの横をとおって、オカンポ通りで下車、そこからは徒歩。片道8ペソ。

青い線は徒歩経路。マニラ動物園、ハリソンプラザをとおって30分くらい。

黄色い線は電車、バス、FX。エアコン付バスは12ペソ、エアコンなしバスは10ペソ。FXは15ペソ、電車は20ペソだ。

10時マンツーマンレッスン開始

2時間マンツーマンレッスン後、12時に授業終了。

その後、昼食、フリータイム。フリータイムは、マニラを観光してもよいし、ゲストハウスに戻って、のんびりしているネイティブを捕まえて雑談をしても良い。

また、イントラムロスというマニラ唯一の観光スポットも近くにあるのがこのワンダーXプランの良いところだ。

特にこれといって規則は無いので、夕食を食べて、勉強したり、ネイティブとの英会話を楽しむ。

格安フィリピン留学ワンダーXプランまとめ

いかがだろうか。既存の語学学校に行って、日本人同士だらだらしたり、英語のつたない韓国人、ベトナム人と戯れるよりは、ネイティブとの英会話を自力で作り出すことにより、より安く、より効率的に英会話を上達させることができるのではないだろうか。

その他格安フィリピン留学記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス