【先着1名】マラテ・エルミタのロビンソンプレイスでお買い得パソコンを発見

異国の地フィリピンでパソコンが壊れた。パソコンの調子が悪い。買い換えたいが、フィリピンのパソコンは高いし、キーボードが英語キーボードしかない。

海外に長期滞在していると、ぶちあたる一つの壁です。日本とフィリピンを行ったり来たりしている人や、思い立ったらすぐ日本に帰れる人は、それほど問題ではないですが、覚悟を決めて長期滞在している人にとっては、日本のパソコン市場というものがいかに便利であるのか改めて考えさせらるシチュエーションです。

今日は、マニラのロビンソンプレイスというところで、日本製のレッツノートがお手頃価格で販売してましたので、その情報をシェアしたいと思います。

レッツノートはこのブログでも度々、おすすめパソコンとして登場し、フィリピン留学や海外旅行に最適なパソコンとして絶大な人気を博しています。

【変圧器いる?】元学校マネージャーがフィリピン留学1ヶ月のおすすめ便利持ち物を発表します
先日、フィリピン留学3ヶ月用の持ち物を記事にしたが、今回は1ヶ月用のおすすめ持ち物記事だ。比較的短期ということで、便利グッズを中心にリストア...
フィリピン留学持ち物必携のパソコンが突然故障したらどうする?マニラでのおすすめノートPC購入方法
フィリピン留学などの海外留学にはパソコンは必需品。持っていかなくともアナログ方式で英会話の勉強は可能であるが、パソコンを持っていくことでその...
元学校マネージャーがフィリピン留学3ヶ月の持ち物相談件数トップ4を発表します
長年、生徒対応をしているとフィリピン留学に来る前の持ち物の相談というのは一定のパターンがあることに気付く。今日は、その相談件数の多かった順に...
iPhoneだけじゃ不十分!?初心者のための渡航1ヶ月前フィリピン留学準備ガジェット編
語学学校も決まり、渡航も1か月後に控え、本格的に留学の準備。 過去記事:東京と同じ人口って!?大都市メトロマニラ近郊でのフィリピン留...

実はちょっと前に発見して、買おうか買わまいか迷っていて、買うんだったらブログに公開せず、黙っておこうかと思ったのですが(笑)、今回、Macbook Airが完全修復できたので、公開にこぎつけた次第です。

Macのセーフモード・セーフブートの効果や役割、挙動がいまいち曖昧だったので整理してみた
もうかれこれ半年以上前になるかのぉ〜。Macbook Airがカーネルパニックを起こして。 わしゃー、カーネルパニックを修復しようと思...

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ロビンソンのパソコンショップの場所

エルミタのロビンソンはとにかく広い。そして、造りがいびつなので、数十回行っている私でも毎回迷います。

ロビンソンプレイスが世界ランキングに載っている話はこちら

フィリピンのショッピングモールの売り場面積を大公開。SMモールオブアジアをおさえた世界第4位のあのモールとは?行き方も掲載
イメージばかりが先行して、マニラにあるSMモールオブアジア(通称モア)がアジアでナンバーワンのモールだとフィリピンに来た当初は思っていました...

ロビンソンズプレイスのパソコン売り場へ行くにはまず正面エントランスを入って右手に行きます。

そのまま通り沿いをまっすぐ進みます。

目印としてはこのスケルトン状の屋根がある場所のエスカレーターに乗って上層階へいきます。

何階かは忘れましたが、フードコートの階の奥に、携帯やパソコンを取り扱っているコーナーがあります。写真の左手奥です。

これがそのフードコートの階にあるガジェットエリア。テレコムワールドと称されています。

テレコムワールド

途中にもスマホ売り場は何件がありますが、奥に進むと本ちゃんのテレコムワールドに到着します。

マラテ・エルミタ付近はこういった、ある程度の規模のガジェット売り場はあまり見当たらないので、スマホやパソコン関連で何かあった時はここに行けば良いかと思います。

あとは、固定の売り場なので、品物を購入した後に何かあった場合は、すぐに相談できるのも嬉しいですね。

日本製iPhoneのシムロック解除(オープンライン)もここで行えます。値段はiPhoneによってまちまちだそうです。

ドコモ契約のiPhoneを海外で使うためにするロック解除方法【海外出張、海外留学者向け】
「ドコモで契約したiPhoneを持っているけど海外で使えるの?」「キャリア経由でない格安スマホって海外で使えるの?」 フィリピン留学を...

そのテレコムワールドの一番奥の右側の店舗でこのレッツノート(5,500ペソ)ちゃんを見つけました。

店員さん曰く、日本人医師が日本に帰るため売りに出したということでした。持って帰ったら良かったのに。まあ、店員さんのいうことは半分本気、半分冗談で聞きます。

レッツノートのスペック

スペックは以下の通り。

  • 型番:CF-W7
  • OS:Windows7 Ultimate
  • CPU:Intel Core2 Duo
  • メモリ:3GB
  • システムタイプ:32ビット
  • HDD:64GB(多分。写真を撮るのを忘れました。)
  • Microsoft Officeインストール済み
  • 発売日:2008年頃(種類がたくさんある:生産完了一覧表

数年前にバリバリ働いていた私たちの世代はやはり、Windows7は使いやすく、オフィスもインストール済みなので、エクセルやワードも使い放題です。

日本での市場価格は13,371円。まあ、フィリピンで買っても日本で買っても変わりませんが、オフィスがついてくるので、その分の価値は上がります。

日本市場でも品切れの多い、中古レッツノートなので、日本で探してもおそらくは見つけるのは難しいでしょう。

レッツノート購入に当たっての注意点

  • フィリピンなので、OSを後付けでインストールした可能性が高く、購入する場合は、一度リストアしたほうが安全のため良い。
  • OS後付けの場合は、対応していないハードウェアがあるので、店頭で確認する。例えば、画面の解像度の変更、音量の上げ下げ、光学メディアの再生、画面照度の変更。
  • セキュリティソフトは必ず入れる。
  • 全ては自己責任。丁寧なアフターケアという言葉はフィリピンには無い。
  • メモリは最大2GBのはずなので何かおかしい。

まとめ

なぜあんなにも軽く丈夫なパソコンが作れるのか、毎度レッツノートには驚かされます。しかも、光学ドライブが標準でついてくるなんて、フィリピン留学や海外旅行のためにあるパソコンと言っても過言ではありません。

(2018/10追記)

最近行ったところ既に誰かが購入したようです。大切に使ってくださいね。

その他ロビンソン関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス