フィリピンで就職したい人向けのお仕事環境や求人媒体

フィリピン留学も終盤に差し掛かり、大学在学中の大学生や有休を使い留学に来た社会人は、ただただ、帰国時のおいしい日本食を待ち切れずにいるだけで良いが、仕事を辞めてきた人、雇用保険をもらいながら来ている人は留学後の進路を真剣に考えていることであろう。

今日はその中でも、留学後もフィリピンに残り現地採用で就職をする人のために、現地の求人媒体等を紹介したい。また、日本と異なる雇用状況も合わせて紹介するので、就職したは良いものの日本と異なる文化を知らず、ストレスを溜めて辞めることの無いよう予め心の準備はしておきたい。

フィリピンの現地情報

著しい経済発展を遂げるフィリピン。振り返ってみると1990年代までは、フィリピンの経済成長率は、ASEAN主要国中最下位、1980年代半ばには、政治社会情勢の混乱が原因となり、アジアで初めての対外債務デフォルト、「アジアの病人」と呼ばれるほど経済不振が深刻化した。しかし、2016年の経済成長率は6.9%とベトナムの6.2%、タイの3.2%を抑えASEANでもトップクラスとなっている。

フィリピン就職事情

残業・割増賃金

フィリピンでは日本と違いサービス残業が無い。残業はあったとしても、残業代は普通に支給される。また、その他の休日出勤等の割増賃金も下記のとおり決められており、厳格に運用されている。

  • 8時間を超えた労働の場合:時給の1.25倍
  • 土曜日曜等、会社が決めた休日に出勤した場合:時給の1.3倍
  • 午後10時から午前6時までの勤務:時給の1.1倍
  • 11月1日と12月31日の労働:時給の1.3倍(祝日に指定された場合は1.5倍)

ボーナス、賞与

日本のように業績連動の不明確な基準ではなく、13ヶ月ボーナスと言って、毎年12月24日までに基本給の1ヶ月分が支払われる。

休日

休日は会社によってまちまちだが、日本のように完全週休2日ではない。特に日系メーカーは土曜日も出勤しないといけない場合が多いので、雇用契約書をよく読み予め確認しよう。また、フィリピンの祝日は突然決まる場合も多いので、旅行の計画等あるのであればつねにネット等で情報収集に努めたい。

労働時間

ほとんどの場合、日本と同様1日実働8時間だが、BPOカンパニーは、ごくまれに実働9時間のところもある。

みんなのフィリピン海外就職「Accenture(アクセンチュア)」

フィリピン就職面接までの流れ

日系企業

日系企業の面接までの流れはだいたい、日本での面接と同じような流れ。ただ、会社によっては、面接の前に軽い英会話チェックのため、フィリピン人スタッフと英会話を行う場合もある。また、英語が話せる日本人が社内にいると、その日本人と英会話チェック又は英語で面接を行う場合もある。英語チェックがあまいのは、日本人にもとめているものが、下記外資系企業と異なるからである。日系企業で日本人現地採用社員に求められるものは、日本同様、クライアントなり日本の本社との日本語でのコミュニケーションである。現地法人の代表等になると英語力は必須なのは言うまでもない。

日本での面接のように人材会社は面接フローを聞かないと説明してくれない。又は聞いても知らないことが多いので、何が起こってもパニックにならないマインドと準備を怠らないようにしたい。

ちなみに聞いても面接の詳細を知らないというのは、人材会社のフィリピン人営業部員と日本人コンサルタントのコミュニケーション不足の場合も多い。

外資系、フィリピン企業

外資系企業、特にコールセンター等のBPOカンパニーは日系企業とはことなり、面接に時間をかけることが多い。長ければ一日、短くても一回の面接で半日はつぶれると思ったほうが良い。面接が終わる時間もあいまいなので、面接の後に別の面接を入れるのはかなりリスクがあると思ったほうが良い。

面接の流れは、英語テスト、専門スキルテスト、1次面接、2次面接に別れ、1日で2次面接まで進むこともある。面接担当者の都合を待たないといけないので、面接の時間が長くなるのもわかる気がする。

英語テストは、TOEICレベルの場合もあればTOEFLレベルの場合もある。もし余裕があればTOEFLの問題集を事前に解いておいたほうが無難だろう。

専門スキルテストは、ITヘルプデスクの場合は基本的なITスキル(ネットワーク、サーバー、オフィスソフト)の知識を問われたり、翻訳業務の場合は、実際に翻訳のテストを試されたりする。

フィリピン求人サイト

エージェント(人材紹介会社)

GENSAI

英語学校「Face to Face」が運営する会社。まだ、伸び盛りなので2017年9月時点で公開している紹介企業は4社と少ない。

アブローダーズキャリア

JOBPRIMER(紹介)

現地フリーペーパー「プライマー」が運営。

Reeracoen

日系の人材会社ネオキャリアが運営する。その他、タイ、インドネシア、シンガポール、フィリピン、マレーシア、台湾、ベトナム、香港そしてインドとアジア各国に進出している。

エン求人サーチ

人材紹介、派遣会社を紹介するサイト。

en ミドルの転職

駐在案件や出張ベースでのフィリピン就業案件が多い。

求人広告

GJJ海外就職デスク

ホームページは一見して保険会社のようだが、他社には無い掘り出し物が多い。

Jobpot

セブと中心に展開。

JOBPRIMER(直接)

プライマー運営の媒体。下記プライマー求人情報と2本立て。

プライマー求人情報

JOBPRIMERとの違いがよくわからないが、フリーペーパーのプライマーが運営するサイト。

indeed

世界最大級の求人サイト。毎月2億人のユニークビジター、世界60ヵ国、28言語でサービスを展開。日系リクルート社の子会社である。

マイナビ転職

カモメアジア転職

掲載求人情報は少ないが、レアな情報がある場合が多い。

フィリピン掲示板

無料掲示板のためか、様々な求人がある。ただ、人材紹介会社からの掲載もある。

フィリピン求人情報

フェイスブック上の求人サイト。

ジョブダイレクト(サービス終了)

ハローワークや人材会社サイトをクローリングし、求人情報を集めてくるサイト。

RGF HR Agent

子会社indeedの求人情報をソートし自動的に掲載。

日系企業が進出しているフィリピンの工業団地

さて、いざフィリピンでの就職先を探すとなるとマカティやBGCでは現地BPO企業のコールセンターやカスタマーサポートが中心となり、日系で探すとなると郊外の工業団地が主戦場になる。ここでは日系企業が進出しているフィリピンの工業団地を紹介する。

地域2

  • Cagayan Special Economic Zone & Freeport

地域3

地域4

地域7

  • CCTC Information Technology Park
  • Mactan Economic Zone
  • Mactan Economic Zone II
  • West Cebu Industrial Park

地域8

  • Leyte Industrial Dev. Estate

地域10

  • Phividec Industrial Estate

CARAGA

  • Baguio City Economic Zone
  • Jasaan Misamis Oriental Special Economic Zone

日本語求人が多いBPOカンパニー

CONCENTRIX

クリックでグーグルマップへ

米系BPOカンパニー。日本にも現地法人がある。

ALLSECTECH MANILA, INC

クリックでグーグルマップへ

BGCのマーケットマーケット内にオフィスがある。生活には便利だが、物価が高い。タコ部屋直行か!?

Genpact

クリックでグーグルマップへ

ケソンシティとアラバンにオフィスがある。

Stefanini

クリックでグーグルマップへ

ITに強い。フリーミールで単身者にはありがたい福利厚生あり。

Cognizant

クリックでグーグルマップへ

 

Accenture

クリックでグーグルマップへ

米系BPOカンパニー。どちらかというとコンサルティングやITサービスが有名。

みんなのフィリピン海外就職「Accenture(アクセンチュア)」

スポンサーリンク
応援する

その他フィリピン情報、フィリピン留学情報最新版をチェック!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. バギオ留学 より:

    […] フィリピン留学後に現地で就職したい人向けのお仕事環境や求人媒体 […]

  2. コグニザントのご紹介ありがとうございます!現在、マレーシアオフィスで日本人の方を募集し始めました。