グアダルーペからのフォートボニファシオからのWRONGラーメン

今日は、フォートボニファシオに用事があったので、ちょっと変わったフォートボニファシオへの行き方と、フォートボニファシオにあるラーメン店の食レポを行ないたいと思います。

ローカルエリアを通ってフォートボニファシオに行ったのですが、大都会の近くにフィリピンの生の生活が垣間見れて、とても興味深いウォーキングでした。

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

グアダルーペエリア

まずはバスかタクシーでMRTのグアダルーペ駅へ降り立ちます。

エドサから一個中に入った通りをフォートボニファシオ方面に向かいました。

その後、少し路地に入りNuestra Sra. De Guadalupeという通りをカラヤアン通りに向かって真っ直ぐ南下します。

カラヤアン通りエリア

カラヤアン通りにつきました。ジョリビーの横から奥に通れそうだったのですが、とおれなかったため、写真の少し右側の路地に女子学生が入っていくところを目撃したので、絶対ローカル近道だと思い、後に続いてその路地に入りました。

やはり、ショートカットっぽい雰囲気。BGCで働くにはちょうど手ごろそうなアパートもあります。

こじゃれたオフィスビルかコンドミニアム。一階にはおそらくフィリピンで最もローカルサイドにあるであろうローソンがありました。

適当なところで左を向くと大都会のビル群が見えたので野生の勘で、この通りを進みます。

方向的にはばっちりだったのですが、32ndストリートは高架になっているため、地図上は交差されていても実際は合流することはできませんでした。

フォートボニファシオの外

カラヤアン通りに出て、32ndストリートに合流すれば無理なく、フォートボニファシオにはいけるのですが、過去幾度となく、32ndストリートのルートは経験したため、今回は新規開拓をしたくてしかたがありませんでした。

周辺をうろついていると、それっぽい高架下のトンネルがありました。

高架下のトンネルをくぐり、歩いていると、JPモルガンのビルが見えてきました。「これだ!」と思いましたが、柵があり向こう側へは行くことができません。

しかたなくトンネルにいた人に道を聞き、そのとおりに行くと、やはりカラヤアン通りと32ndストリートの合流地点に来てしまいました。

やっぱり、フォートボニファシオに行くにはこのカラヤアン32nd合流地点は避けられない事実のようです。

フォートボニファシオ内

BGCのビル群。

BGC内を走るバスの路線表。これを操ることができればフォートボニファシオ生活も10倍楽しめるに違いありません。

フォートボニファシオのブルゴスサークル。マカティのブルゴス通りとは違いますのでご注意。

WRONGラーメン

そのブルゴスサークルの南に、今日の目的地ウロングラーメンがあります。見た感じ、超地味な外観なので、見過ごさないように注意しましょう。

ウロングラーメンのメニュー

おしゃれな看板に小さな文字。ユーザビリティという言葉は皆無。あ、でも値段が表示されているだけで、かなり評価は高いです。

  • とんこつラーメンリッチ:410ペソ
  • タンタン麺:425ペソ
  • とんこつラーメンライト:340ペソ
  • シーフードラーメン:345ペソ
  • コミュニスト:450ペソ
  • ホットジャンク:450ペソ
  • フーラーメン:490ペソ
  • クラスティーフュネラル:580ペソ

ちなみにフーラーメンのフーの意味は「For You」だそうです。

とんこつラーメンライト

注文したのはとんこつラーメンライト。これ以上の値段は手が届きません。

濃厚なスープ。日本人好みの味です。

麺もしっかりした、安物麺ではありません。

チャーシューも豚のぶつ切りでしたが、しっかりと煮込まれていておいしくいただきました。

写真を間違えて圧縮したので、値段が見えませんがサービス料が追加だった気がします。

ウロングラーメンの店内

店内は思った以上に狭いです。狭いながらも一工夫が。テーブル上に仕切り板があります。場所柄集団のカスタマーは少ないのでしょう。

カウンター席にも仕切り板があり、お一人様でも気軽に来ることができます。

実は二階席もあります。昼間は従業員の遊び場になっていて利用できませんでした。あと、トイレの便座はないので、注意。

その他フォートボニファシオの記事はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス