読んで安心!!フィリピンの不動産系法律記事まとめ

この記事は約3分で読めます。
ADVERTISEMENTS

ちゃくちゃくとフィリピンの不動産に関する法律的なところを記事にしていますが、思いつきで記事を書いていますので、記事が多くなればなるほど、「あれ、あの条文これだっけか?」「6552ってあれだっけか?」みたいな感じになります。

 

そういうことですので今回は不動産系の記事をまとめてみることにしました。

 

↓↓一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

【お知らせ】頭金0円でも毎月プラス5,000円の築浅中古マンション経営。「給料が全然上がらない」「将来の年金が不安だなぁ」という方は検討の価値アリ! 年収500万円あれば出来るマンション経営

フィリピンのマセダ法に関する記事

あらためて見てみるとマセダ法の記事が多いですね。

 

フィリピン不動産デベロッパー側からのコンドミニアム契約解除通知を受領した場合の相談事例
今日の記事は2014年11月14日付マニラタイムスに掲載されていたフィリピンコンドミニアムを分割払いで購入したけど、失業でローンが払えなくなり、デベロッパーから契約解除に伴う退居通告を受けた際の相談事例をシェアしたいと思います。 読者からのコンドミニアム退去可否の相談 私は5年ローン...

コンドミニアムの購入者が失業し、ローンの支払いができなかった場合に不動産会社側が退去通告を出してきた際の専門家の意見が述べられています。基本的に共和国法第6552号と大統領令第957号が言及されています。

 

フィリピンのコンドミニアム。ローンを途中で支払えなくなった場合の相談事例

 

レクト法とマセダ法との違い

 

フィリピンの不動産投資に失敗する前に知っておきたい、分割での購入者を保護する法律

 

 

フィリピンの不動産賃貸借に関する記事

口頭で合意された賃貸契約において、3年間継続後も支払を続ける権利はありますか?
所有コンドで実はトラブっているTKジーです。今までデベロッパーを信用して色々とやってきましたが、さすがに堪忍袋の尾がきれそうなので、重い腰を挙げて周辺法律を調べている中、フィリピン不動産特有のレントトゥオウンについての記事を発見しましたので、本記事で翻訳してみなさんとシェアしていと思います。 ...

口頭での不動産購入選択権付き賃貸契約(レントトゥオウン)が売り主の心変わりによって、覆されるかという質問に専門家が答えています。

 

特定の居住ユニットの賃貸料の規制における改正法、そのためのメカニズムおよび他の目的のための改革
第1条 通称 この法律は「2002年賃貸改革法」として知られ、引用されるものとします。 第2条 制度趣旨 国家は、公益のために、手頃な費用でまともな住宅と、都心部や第三国定住エリアの恵まれないホームレスの市民に基本的なサービスを提供する住宅の継続的な都市土地改革を引き受けるものとする。 ...

これは共和国法第9161号2001年12月22日、いわゆる2002年賃貸改革法の条文を翻訳したものです。賃貸人は毎年10%を超えて家賃を増加させてはならない、賃貸契約解除の法的理由等が記載されています。

 

フィリピン不動産投資。レントトゥオウンとは?
フィリピンの不動産スキーム「レントトゥオウン」とは何ですか? 今日、フィリピンでは多くの不動産物件が市場に出回っています。そのため、売り手が自分の物件の潜在的な買い手を見つけることがとても困難になっています。住宅ローンを借りる現金に縛られた買い手が、何らかの理由でローンを担保するのが難しいと感...

日本ではあまり見受けられないフィリピンの「レントトゥオウン」という制度について、述べられています。

 

フィリピンで2009年に施行された賃料管理法について家主とテナントが知っておくべきこと
あなたは家主ですか? それともテナントですか? あなたは、2009年の賃貸管理法が、今度は2020年12月31日まで再び延長されたと聞いたことがあるでしょうか? この記事では、両当事者が彼ら自身の利益のために精通しているべきであるという重要な規定を強調しましょう。 しかし、最初に、数字を...

フィリピン首都圏、他の高度に都市化した都市の1万ペソ以下の賃貸住宅、またはフィリピンのその他すべての地域で5,000ペソ以下の賃貸住宅の家賃に関しては、年間7%以上賃料を引き上げることは許されないと共和国法第9653号(2009年家賃規制法)は規定しています。

 

 

フィリピンの不動産売買に関する一般的記事

不動産案件に強そうなメトロマニラの弁護士事務所一覧

 

フィリピン中古コンドミニアムを購入する際、売り主の所有権を確認する書類

 

フィリピン不動産で詐欺まがいの案件を罰する法律「大統領令第957号23節(遅延利息+支払額全額返金)」
金曜の夜はウキウキナイトライフのはずが、急な用事が入りゲホゲホワンナイトになったティーケージーです。 さて今日は前回好評だったフィリピン不動産関連の法律の紹介です。前回は不動産購入者側の過失によって、割賦金が払えなくなった場合の救済措置法「マセダ法」を紹介しましたが、今回は、売主側の故意又は過失に...

大統領令第957号23節により不動産デベロッパーの適切な登録等が規程されていて、購入者の権利が保護されています。

 

メトロマニラの日系不動産業者一覧
81プロパティマネジメント(旧キャピタライズ) 設立:2012年7月 代表者:藤原直紀 電話:(02) 801 3009 営業時間:午前9時-午後6時 定休日:土日 →81プロパティマネジメント(旧キャピタライズ) リモンズ 設立:? 代表...

なんだかんだ言って、日系不動産業者が言葉も通じますし安心できるという人のための記事。

メトロマニラの不動産業者を一覧にしてまとめてみました。

 

東南アジアを拠点にするにあたり各国の外国人による土地又はコンドミニアム保有の可否を調べてみた。
生活の基盤を日本ではなく東南アジアに置くにあたり、定期的な収入源は何がてっとり早いかというと「家賃収入」。そこで今日はシンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア等で外国人が不動産を持てるかを調べてみた。 各国の不動産保有可否状況 出典: マレーシアは土地も所有できるけど、3,00...

東南アジアの不動産購入の可否について以前まとめた記事です。この頃はバンコク一押しでしたが、今はまた状況は変わってきています。

 

不動産購入時の元利均等返済と元金均等返済との違い
先日のローン計算が違っていた件。 フィリピンマニラの新築格安コンドミニアムを追加購入

かなり古い記事ですが、元利均等返済と元金均等返済の違いを記事にしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました